意識の具現化

さあ、意識の現象化についてお話ししましょう

物理の量子力学の2重スリットの実験というものがあります。
この実験でわかったことは、量子のエネルギーが人間の意図によって結果を変えてしまうということでした。

ただ、わかったのは人間の意図が、量子である電子の結果を変えるということだけなんですが、これは見える結果しか実証できない3次元の科学だから、そこまでしか言えないということだし、それ以上のことができないということでもあるんです。

でも、3次元の私たちでも、すべての物質に含まれている量子の働きや結果に影響を与えることだけはできる、ということです。

私たちの意識は脳波という波動を出して物質の働きに影響するということなのかもしれませんが、それが量子力学の実験である意味実証されたと思っています。
それも、よくも悪くも、意識した通りの結果を表すわけですね。

ここで意識とはなにかというお話もしておかないといけませんね。

ノーベル賞を受賞された方もおっしゃっているように、人間の体の一つ一つにすべて意識があるということなんです。

その意識はお互いに情報を伝達や共有や記憶をしているようなんです。
これは他の動物でも一緒で、マウスの実験でも証明されているようです。

その記憶が子供に遺伝され、親と同じような行動をとったり、好みが一緒だったりとするようなんです。

物質全てが、この意識の波動に影響されて働きを変えていく。
その結果が現象化されていくというわけです。

先ほども、量子力学の結果が変わるというお話をしましたが、すべての物質に量子は含まれています。

私たちの体も、周りにあるすべての物質、空気にも、水にも、全てにです。

そのすべての物質に私たちの意図が影響をおよぼす。
そしてその結果が自分たちの意図によって変わっていくんだということ。

周りのすべての物質に影響を与え、結果を生み出し続けているんです。

つまり、その結果が現象として現れるということなんです。

私たちが、今! 何を考え、何を意図しているか!?
そして、それが、意識していても(表面意識)、無意識(潜在意識)でもです。

さらに言うなら、今のあなたの意識が、あなたの未来の、その結果を作っていると言うことです。

今までの過去の結果があるから、未来の結果はその延長で、よくならないと思っている、今のあなたの無意識でも、その意識が、あなたの未来を、過去と変わらず、あまり良くない結果の未来を作っていると言うことです。

高い意識でものごとを捉えて、高い意識で考え、自分たちの意識の波動が上がると、その高い意識レベルによって生まれてくのが良い結果として現象化されるということ、ラッキーと思えるようなことが現象化されるということです。

低いレベルの結果!?高いレベルの結果とは!?もう少し具体的に・・・

悩みがあったり、妬みがあったり、恨むような思いが出たり、病気があったり、イライラすることばかり起きたりと、不幸だと思ってしまうような結果は、低いレベルの現象ですよね。

楽しいと思えたり、喜びを感じれたり、感謝の思いが出て、幸せだと感じれるような結果は、高いレベルの現象ですよね。

3次元の物質社会と経済社会の中で自分たちの欲によって支配された低い意識で物事を捉え考えてしまっていると、レベルの低い結果しか出てこないのは当たり前のことたったということなんですね。

どちらの現象や結果がいいですか?

その結果を、変えたいと思いませんか?

でも、なかなか変えることができないんですよね。

自分の表面意識と、潜在意識と、細胞一つ一つの意識を、自分の力だけで変えていくのは、それなりの勉強や修行が必要で、とても大変なことですよね。

私たちの3次元では意図したことだけが物質の働きを変えるけど、進んだ高次元の科学では、このすべての物質に含まれている量子に、高次元の意図を記録させることができるということのようなんです。

ビーワンやトリニティーなどの高次元商品に宿る働きは、この意識に影響し、私たちの3次元の低い次元で、自分たちの能力の数十パーセントしか使えていないものを、高い意識に上げてくれて、自分たちの能力を上げてくれるという高次元の意図が記憶されているもののようなんです。

ビーワンやトリニティーなどに高次元の高い意識が、それを使用した私たちの意識に影響を与え、高い意識になるんだということのようです。

その高い意識にさせてくれるので、その意識によって生まれる結果がビーワンやトリニティーを使用した方達の体験談の結果で、この3次元ではありえないと言ってしまうような高い次元の結果の現象化なのだということなんでしょう。

高次元の高い意識の記憶されたビーワンやトリニティーに触れてみてください。
使ってみてください。
意識が上がりますよ!

あなたがそれを意図すれば!